顎のラインを引き締めたい

エラから顎にかけてのラインを引き締めてシャープな輪郭にしたいという相談をよくいただきます。ほとんどの方がエラや顎の骨削り・骨切りを検討していらっしゃるのですが、骨へのアプローチはリスクも高いため、慎重な検討が必要です。

ご希望や状態によって、えら(下顎角)のみの施術、顎(オトガイ)のみの施術、あるいは両方の施術が必要なケースがあります。ミリ単位の違いでもラインは変わってくる上、身体への負担が大きく、失敗した場合(満足いかなかった場合)の修正も難易度が高いため、事前のカウンセリング、シミュレーションは入念に行ってください。

また、骨に対する施術を行わなくても、咬筋や皮下脂肪、バッカルファットへの施術で希望のフェイスラインに仕上げることができる場合もあります。これらは骨削り・骨切りよりもリスクが少ないため(リスクが無いというわけではありません)、自分のお顔の状態、自分の求めるフェイスラインを明確にした上で、複数の医師のカウンセリングを受けてみた方が良いと思います。

輪郭に対する施術は、いずれも身体への負担、リスクが大きく、ダウンタイムも長い傾向にあります。施術を受ける場合、長期の休暇が必要になりますので、その点もご注意ください。(クリニックから伝えられたダウンタイムよりも長めに見ておいた方が安心です)

「顎のラインを引き締めたい」関連する治療

「顎のラインを引き締めたい」に関連する治療です。