顔の横幅を狭くしたい

顔の横幅が広い場合には、骨を縮小させる、脂肪を除去する、筋肉(咬筋)を切除するなどの方法が採られています。それぞれ効果、リスクを知って、自分にあった治療を検討するようにしてください。

顔の横幅に骨が大きく影響している場合、頬骨やえらの骨(下顎角)を縮小させることで狭めます。骨を削る、切除するという施術ですので、身体への負担、リスクがとても大きな施術となります。安易に受けず、慎重に検討するようにしましょう。

皮下脂肪によって大きく見えてしまう場合には、脂肪吸引などお顔への痩身治療が適しています。お腹や背中、太ももなど他の部位に比べると脂肪は少ないため、メソセラピー(カクテルセラピー)やレーザー・高周波系の痩身治療(ウルトラアクセント)など切開を伴わない施術でも効果が期待できます。

骨ではなく咬筋やバッカルファット(頬脂肪体)の影響が大きい場合には、骨に対する手術ではなく、咬筋切除やバッカルファット除去の方が適していることもあります。

その他、軽度の場合にはお肌の引き締めによる小顔効果だけでも十分に満足できることもあります。クリニックや医師を探す際には、特定の施術だけではなく複数の治療・手術を検討しながら、数名の医師のカウンセリングを受けて意見をもらうことをおすすめします。

「顔の横幅を狭くしたい」関連する治療

「顔の横幅を狭くしたい」に関連する治療です。