顎のしゃくれを整形したい

顎が前に突き出している、しゃくれている状態を解消する場合、受け口(反対かみ合わせ)かどうかで適した手術が変わってきます。

かみ合わせは正常であごが前に突き出でいる状態は、ほとんどの場合、あごの骨に原因があります。この突き出ている顎の骨(おとがい)を削ったり、中間部分を骨切りして後ろに移動させるなどしてあごの骨を後退させることでしゃくれている状態を解消します。

受け口の場合(受け口も同時に解消したい場合)、まずは歯科矯正で改善するか、外科手術(下顎の骨を切除して後退させる手術)で改善するかを検討してください。歯列矯正で改善させた場合、あごの状態にはほとんど変化がありませんので、上記の手術を検討することになります。外科手術で下顎を後退させた場合、その手術そのもので顎が後退することがあります。手術前のカウンセリング時に、受け口だけでなく顎がしゃくれている状態も改善したいということを医師に伝えておくとスムーズです。

「顎のしゃくれを整形したい」関連する治療

「顎のしゃくれを整形したい」に関連する治療です。