目を大きくしたい

美容整形で小さな目を大きくしたい場合、大きく2つの種類があります。

1つは、上下まぶたへのアプローチ。上まぶたを上げる、下まぶたを下げることで目を縦に大きくする方法です。上眼瞼脱脂やたるみ取りなどの治療でまぶたの余分な脂肪、皮膚を取り除いたり、下まぶたの瞼板を下げるなどの治療があります。

眼瞼下垂と診断された場合は、クリニックによっては保険適用で眼瞼下垂を改善する治療を受けることも可能ですので、カウンセリングの際に医師に確認しておきましょう。また、二重形成の手術を受けることで、結果的に目を大きく見えるようになることもあります。

2つめは、目頭・目じりへのアプローチ。目頭切開、目尻切開によって目の横幅を大きくする治療です。目の横幅が小さい方や、目を大きくすると同時に目の形(たれ目、つり目など)を変えたい方に向いている方法です。

これらの治療は、ほとんどがメスを使用する手術で、効果は高いですがその分リスクも高くなります。手術後に気に入らない場合でも修正は困難ですし、傷あとが残ってしまうこともあります。

失敗、後悔を避けるためにも、技術が高く症例数も多い医師を選び、カウンセリングで希望をしっかりと共有してから手術に臨むようにしましょう。(少しでも疑問や不安があるときは手術を受けない方が良いと思います)

「目を大きくしたい」関連する治療

「目を大きくしたい」に関連する治療です。