豊胸・バスト形成

女性としての魅力、女性らしさを印象付けるバスト。大きくしたいというだけでなく、小さくしたい、左右差をなくしたい、授乳後の下垂を改善したいなどのご相談も少なくありません。

特にご相談の多い豊胸術には、大きく3つの種類があります。

ヒアルロン酸による豊胸


1つはヒアルロン酸の注入。プチ豊胸などとも呼ばれる施術です。豊胸術の中では最も低リスクですが、大きなサイズアップは難しく、持続期間も短いという特徴があります。一見、一番経済的にも見えますが、長期的な効果を得るには定期的に注入を行う必要があるため、非常に多額の費用がかかりますので、自分の希望・理想をしっかりと見据えた上で、施術に望むようにしてください。

バッグ豊胸


2つめは人工乳腺(豊胸バッグ)によるバストアップ。国内外を含め普及している方法で、大きな変化が期待できる上、長期的に効果を維持できます。ただ、異物挿入、バッグ破損のリスクがありますし、年齢を重ねるにつれて不自然に見えたり、触ったときに違和感を感じることもあります。その上、乳がん検診等に影響が出ることもあります。バッグによる豊胸を行う際は、バッグの素材・形状(特に生理食塩水CMCなどは避けた方が良いです)、医師の経験・技術(傷痕が目立つ、形が不自然などのご相談を少なからずいただいています)を十分に調べてから施術を行うようにしましょう。

脂肪注入による豊胸


3つ目は、脂肪注入。自分の身体から採取した脂肪をバストに注入する豊胸術です。以前はしこり、石灰化、吸収などのデメリットが大きくあまり一般的ではなかったのですが、最近ではコンデンスリッチ豊胸(CFR注入)セリューション豊胸など、採取した脂肪を加工(不純物を取り除く、幹細胞を添加するなど)の技術が普及してきてました。本物の脂肪なので、見た目や感触が自然(熟練の医師でも見分けるのが難しいレベル)で長期的な効果も望めるため、人気が高まってきています。ただ、やはりしこり・石灰化や吸収のリスクはありますし(ほとんど無いという広告が多いですが、実際には一定数のネガティブな体験談をいただいています)、脂肪吸引のリスク(傷痕、皮膚表面の凹凸など)もあります。雑誌やインターネットだけを信じるのではなく、できれば複数の医師のカウンセリングを受けて、この先生は信頼できる!と思う医師を見つけるようにしてください。

豊胸・バスト形成 治療一覧