フェイスリフト・スレッドリフト

年齢を重ねるごとに気になってくる、しわやたるみの解消。アンチエイジングの人気も高まり、ご相談いただく件数が特に増えてきている分野です。このコーナーでは、アンチエイジング医療の中でも特に効果が高いといわれるフェイスリフト、そして皮膚の下に医療用の糸(スレッド)を埋め込むスレッドリフトをご紹介しています。

皮膚を切除し、物理的に引き上げる一般的なフェイスリフトの他、医療用の糸(スレッド)を皮膚下に埋没し、物理的に引き上げたり、その刺激によって皮膚の活性化を図るスレッドリフト系の治療をご紹介します。

効果もリスクも高いフェイスリフト


フェイスリフトは、皮膚の一部を切除して物理的に引き上げることでしわやたるみを伸ばす施術です。顔全体のリフトアップ効果を得るフルフェイスリフトのほか、頬を引き上げるミッドフェイスリフト、額のしわを伸ばす前額リフト、眉毛の上部を切除してリフトアップするブローリフトなど、切除する部位、リフトアップさせたい部位によって複数の方法があります。また、皮膚下の組織の処置によって、SMAS法リガメント法などにも分かれます。

現在の状態・希望の状態によって、また医師の技術・方針によって受ける施術は変わってきます。また、いずれもリスクが高く、皮膚の一部を切り取ってしまうため、施術後に気に入らないからといって元に戻すことはできません。

外科系(形成外科など)の専門医資格を持ち、フェイスリフトの症例が豊富で、親身に話を聞いてもらえる(場合によっては施術を受けないことを薦めてもらえるような)、信頼できる医師を選ぶようにしましょう。

効果・リスクの幅が広いスレッドリフト


スレッドリフトは、皮膚の下に医療用の糸を埋め込んで肌を引き上げる施術です。変化の大きさや持続期間は皮膚の切除を伴うフェイスリフトに劣りますが、糸による物理的なリフトアップのほか、異物反応によるコラーゲン等の生成効果などもあり、肌質改善も期待できます。

使用される糸には「体内に吸収される/されない」「糸の形(突起の有無や形状)」などによって複数の種類があり、それによってリフトアップの効果や持続期間が異なります。多くの医療機関に普及している施術では、「フェザーリフト」「ハッピーリフト」「シルエットリフト」「スプリングリフト」などが挙げられます。(それぞれの施術の詳細については、各施術ページをご参照ください。)その他、最近ではダウンタイムを抑えた「ウルトラVリフト」「リードファインリフト」の人気も高まってきています。

「腫れない」「安全」など、リスクが低くダウンタイムの短い手軽な施術であることを謳っている広告を目にすることがありますが、どの施術も絶対に腫れないということはありません。内出血が出た場合、数週間残ってしまう可能性もあります。「糸が飛び出てしまった」「肌が突っ張っている感覚がある」などの相談もいただくことがありますので、決して広告を過信しないようにしてください。

フェイスリフト・スレッドリフト 治療一覧