輪郭(骨格)・額形成

輪郭形成は、あごやエラ、頬骨など、顔の形、シルエットそのものを変える施術です。「小顔になりたい」「シャープなフェイスラインになりたい」「エラの張った顔がいや」「あごを出したい・縮めたい」などのお悩み・希望が該当します。

骨切り・骨削り


輪郭形成は、美容医療の中でも変化が大きい分、リスクも高い分野です。特にえら削り頬骨削り顎削りVライン形成などは、骨の切除を伴うため、満足できない結果になっても、完全に元に戻すことはできません。腫れ・むくみなどが続くダウンタイムも他の施術に比べ長い傾向にあるため、安易な施術は避け、慎重に検討するようにしてください。現在では、シミュレーションシステムなど施術後の状態をある程度確認することができるクリニックもあります。完全にシミュレーションどおりになるというわけではありませんが、少なくとも医師と希望をすり合わせることができるため、できれば利用したほうが良いでしょう。

プロテーゼ挿入・フィラー注入・ボトックス注射


骨を削る・切る施術のほか、固形のプロテーゼ等の挿入、ヒアルロン酸、レディエッセ、エンドプロテーゼといった液状・ジェル状の人工物の注入や、ボトックス注射などの施術もあります。骨削りなどに比べると変化は小さく持続期間は短いですが、その分リスクも小さくなります。

輪郭(骨格)・額形成 治療一覧